ブランドにとってのSeal

ブランドにとってのSeal

消費者が本物の製品を偽物と区別し、真の品質とブランド製品を意図したとおりに体験できるように確保。ブランドを活性化し、人々と密につながり、商品販売からの収益を最大化します。

Sealの活用事例を確認

Memberships

Proud member of

logo

国際模倣対策連合(International Anti-Counterfeiting Coalition)は、知的財産の保護と偽造防止に専念する世界最大の非営利団体です。 メンバーの属する業界は、自動車、アパレル、嗜好品、医薬品から食品、ソフトウェア、エンターテイメントにまで至ります。

logo

EEAはFortune 500の企業、新興企業、学者、技術ベンダーとイーサリアムの専門家を結びつけています。これが、現実世界ですでに成果を生み出すブロックチェーンであるイーサリアムに基づくスマートコントラクトをベースに、変化の激しいビジネスシーンにおいて、非常に高い能力が要求されるアプリケーションを処理することのできるエンタープライズグレードのソフトウェア開発へと帰結します。

事業

ビジネスモデル

ブランドは、その商品のブロックチェーンに新しい取引が保存されるたびに手数料を手にします。このようにして、ブランドがSealチップを使用して製品を供給するためのコストを正当化できるだけでなく、セカンダリ市場で行われる取引からまったく新しい利益の流れがもたらされます。

business model

*Sealは上記のブランドのいずれも所有していません。すべての権利はそれぞれの所有者に帰属します。

模倣と戦う

世界を安全でより良い場所に変えていきます。

世界を安全でより良い場所に変えていきます。

この新しいチャンネルを使い直接消費者とつながることができます。

追加の直接的な収益

所有権の移転やその他の操作に付随して余分な収入が発生します。

製品の価値を底上げ

サプライチェーン情報を追加、流通市場に信頼を付加し、製品価値を向上させます。

ブランドの約束を守る

顧客が約束どおりにブランドエクスペリエンスを手にするよう保証します。

盗難の予防

盗難された商品にはその証がマークされ、流通市場での価値は低下します。

平行取引を追跡

製品の原点を追跡し、製品の販売場所を確認することができます。

製品の分析

販売場所や所有権の移転など製品についての洞察が提供されています。

製品のリコール

製品リコールの際には、購入者と直接やり取りをすることが可能です。

business model

Sealの仕組み解説

Sealの仕組みとは?

Sealプラットフォームは、(2)物理的製品を個別に識別するSealチップを内蔵した製品、(2)NFC互換スマートフォンに搭載されたSealアプリ、(3)プラットフォーム各部のコミュニケーションを可能にするSealトークン(4)各トランザクションがノードにより記録および検証される不変ブロックチェーンデータベースである、Sealネットワークにより構成されます。

ブランドはブロックチェーン上の製品ペアリングの唯一の発行者となります。このようにして、ブランドは本物の製品の数を正確に保証することができます。偽の製造業者は、トークンを複製することができないため、模倣品を本物のものとして引き渡すことができなくなります。

デモをリクエストする Sealの活用事例を確認

partner program

Become a partner

The Seal Partner Program is for brand agencies who want to grow their business and strenthen their relationship with their brands. As an agency you get exclusive partner resources to implement seal and incorporate seal in your campaigns.

Contact seal

partner program

Backend

Use the Seal backend to register and activate seal chips linked to your products. Add marketing campaigns and linked content to your products.

Analytics

販売場所や所有権の移転など製品についての洞察が提供されています。.

API

We provide an extensive API so you use seal from within your own app.